まっちのランクマッチ

ポケモンオフ会の使用パーティなど

【初代VC/ニンテンドウカップ97】第2回ヒストリアカップ使用パーティ

2016年12月4日に第2回ヒストリアカップが行われました。

今回も中部2代表(きたがわやすのりさん)の「ギガ〇〇〇」というニックネームを 真似しています(笑)

 

戦績は4勝2敗と検討しましたが、オポネントで3位となり予選敗退でした。前回と違い、吹雪で凍ることがなかったので、パーティの構築面も含めて少しは進歩があったと思います('ω')ノ

第3回を実施する際にも是非とも参加したいです!

 

【使用パーティ】サンダー軸(?)特殊トリプルエース構築

ポケモンレベル技1技2技3技4ニックネーム
サンダー 55 10万ボルト どくどく 眠る 影分身 ギガサンダ
フーディン 55 サイコキネシス どくどく 自己再生 影分身 ギガホープ
ラプラス 55 吹雪 10万ボルト 眠る 影分身 ギガアクア
ケンタロス 50 吹雪 のしかかり 破壊光線 影分身 ギガビート
ルージュラ 50 吹雪 サイコキネシス 悪魔のキッス 影分身 ギガマサコ
マルマイン 50 10万ボルト 大爆発 電磁波 影分身 ガボン

 初代と言えば、影分身はとにかく強い(追い詰められても逆転の可能性がある)ので、全ポケモンに採用しています。あと、吹雪に関してもとても強力なので覚えることができるポケモンには全て搭載しました。

 

【個別解説】

1.f:id:poke_macchi:20161205213934j:plainサンダー(NN:ギガサンダ) LV55

実数値:215-139-143-166-191

個体値15-1-9-15-13

選出回数(全6試合):先発0回、後発1回(合計:1回)

 

初代でどうしても使いたかったポケモン。サンダーを入れずにLV50サイドンを入れた方がパーティが安定したと思いますが、どうしても使いたかったのでパーティに入れました(大事なことなので2度言いました)。

サンダーをパーティに入れることで、相手のLV55ラプラスの選出を抑えて、かつ電気タイプ(マルマイン、サンダース)の選出をとても誘いやすくなるので、選出誘導にも使えたと思います。

「どくどく」か「ものまね」を採用するかで最後まで悩みましたが、サンダーで地面であるサイドンを見るよりも電気タイプ同士の泥仕合の方が多いと思い、どくどくを採用しました。

(ちなみにどくどく(自分)→ねむる(相手)でどくどくのカウントがリセットされるのを知らず、帰るときくらいに鷹さんから聞いて初めて知りました・・・)

唯一選出できた試合では大活躍でしたので、個人的にはとても満足でした。

※後日、動画化します。

 

2.f:id:poke_macchi:20161205213916j:plainフーディン(NN:ギガホープ) LV55

実数値:176-95-101-188-204

個体値15-1-11-15-15

選出回数(全6試合):先発1回、後発1回(合計:2回)

 

レベル54~55フーディンがキツかったので、フーディンフーディンで見ようと思いパーティに組み込みました。

フーディンにどくどくを入れることさえできればミラーでかなり有利になれますし、ルージュラやスターミーなどのエスパーにも有効と思い採用しました。

実際は選出した2試合とも破壊光線でやられてしまったので、サイコキネシスしか使わなかった気がします(笑)

 

3.f:id:poke_macchi:20160801200529j:plainラプラス(NN:ギガアクア) LV55

実数値:259-138-144-122-158

個体値15-3-15-15-13

選出回数(全6試合):先発0回、後発3回(合計:3回)

 

氷枠として採用。レベル55にすることで耐久面が上昇するため、レベル50ケンタロスへの受け出しが容易になります。選出した試合は活躍することはできませんでしたが、凍らないという安心感はとても素晴らしかったです。

個人的にはどのパーティにも必須なポケモンだと思ってます。

 

4.f:id:poke_macchi:20160801200540j:plainケンタロス(NN:ギガビート) LV50

実数値:175-151-145-160-119

個体値9-15-14-14-13

選出回数(全6試合):先発0回、後発5回(合計:5回)

 

このパーティで唯一の物理アタッカー枠です。ルージュラ入りのパーティには選出することが多めです。低レベルでも扱いやすさは健在で、低レベルゆえに雑に扱って、レベル55エースの高火力エースを暴れさせることができます。

前回はケンタロスを選出回数が少なめで、ルージュラに崩された試合が多かったのですが、今回はしっかりとケンタロスを使用することでルージュラに翻弄される試合はなかったと思います。

・・・実は素早さの個体値が15じゃないですが、同速対決は一度もなかったので良かったです(笑)

 

5.f:id:poke_macchi:20161205213751j:plainルージュラ(NN:ギガマサコ) LV50

実数値:167-87-81-146-146

個体値11-1-10-15-15

選出回数(全6試合):先発0回、後発1回(合計:1回)

 

鈍足ポケモンに眠りを入れられる+相手のラプラスへの切り返しができるため採用。メジャーな組み合わせですが、マルマインルージュラケンタロスの組み合わせは強いと思いました。

選出した試合は破壊光線1撃で倒されてしまったため、何もしなかったポケモンです(笑)

 

6.f:id:poke_macchi:20161205213851j:plainマルマイン(NN:ギガボンバ) LV50

実数値:166-99-115-191-129

個体値15-13-9-15-13

選出回数(全6試合):先発5回、後発1回(合計:6回)

 

選出回数からわかるように個人的に一番信頼している電気タイプのポケモンです。先発で場作りがもちろんのこと、苦手な地面タイプにも先行の大爆発で起点にされないことがとても強いと思います。

また、えりきゃんオフの野良試合でもそうでしたが、影分身を積まれた相手に大爆発を1度も外さなかったのは、とても偉いと思いました。

 

 

【最後に】

今回はPCを持ち込み、対戦を録画することができましたので、近日中に動画をアップロード(週1のペースくらいで) していこうと思いますので是非ご覧ください!

 

主催のゴールドさん、スタッフの烏賊さん、そらさん、本当にありがとうございました!

そして対戦に参加された皆さんお疲れ様でした!!

【ポケモン/SM】交換可能な孵化余り・理想個体一覧

 ※2017/2/7最終更新

 

【交換可能リスト】

※下記よりPDFをダウンロードください

(PC推奨)

http://www.creative-hive.com/creativehive/uploader/uploader.cgi?mode=downld&no=2022

 

Androidの場合、クリック後「ダウンロード」アプリからご覧ください。

(googleの欄にデフォルトで入ってると思います)

②その他スマホガラケーは不明なので、お手数ですがPCからご覧ください_(._.)_

 

希望がある際は、「①希望ポケモン」と「②出せるポケモンの詳細(できればリストでお願いします)」を明記の上、下記までご連絡ください。

まっち (@macchi_sagu) | Twitter

 

※ちゃんと出せるポケモンの詳細書いてください!!!!

(〇〇出せます!だけじゃ交換判断できません)

 

【交換レート】

※基本は1:1です

【出】

・リストの孵化余り(非理想個体)

【求】

・リスト記載以外のポケモンのオシャボ入り(非理想個体)

・リスト記載以外のポケモンのフル遺伝個体(非理想個体、ボール不問)

・銀の王冠

 

【出】

・ リストの理想個体(NN変更可能)

 ※英語か日本語かはその時によって変わります…

【求】

・理想個体

 ※リスト内のポケモンでも場合によっては可能なので、気軽にご相談ください!

 

【フレコ】 

フレコ:0731-5721-6627
TN:まっちー

 

以上になります。

 

色々なポケモンを交換して、お互いでwin-winになりましょう!

 

※ネタバレ注意【ポケモン/SM】既存ポケモンの変更点【種族値・特性】

海外のフラゲ勢により新ポケモン種族値はもちろんですが、既存ポケモンの変更点も解析されたということでしたので、自分用に日本語でまとめてみました。

(日本語のまとめが見つからなかったので・・・)

 

信憑性は現段階では不明ですが、興味ある方は是非ご覧ください。

※記載ミス等がございましたらご指摘くださいm(__)m

 

----------以下ネタバレ注意----------------------

 

種族値変更】

★No.24 アーボック

60-95-69-65-79-80

・A85→95

 

★No.51 ダグトリオ

35-100-50-50-70-120

・A80→100

 

★No.83 カモネギ

52-90-55-58-62-60

・A65→90

 

★No.85 ドードリオ

60-110-70-60-60-110

・S100→110

 

★No.101 マルマイン

60-50-70-80-80-150

・S140→150

 

★No.103 ナッシー

95-95-85-125-75-55

・D65→75

 

★No.164 ヨルノズク

100-50-50-86-96-70

C76→86

 

★No.168 アリアドス

70-90-70-60-70-40

D60→70

 

★No.211 ハリーセン

65-95-85-55-55-70

・B75→85

 

★No.219 マグカルゴ

60-50-120-90-80-30

・H50→60

・C80→90

 

★No.222 サニーゴ

65-55-95-65-95-35

・H55→65

・B85→95

・D85→95

 

★No.226 マンタイン

85-40-70-80-140-70-

・H65→85

 

★No.277 オオスバメ

60-85-60-75-50-125

・C50→75

 

★No.279 ペリッパー

60-50-100-95-70-65

・C85→95

 

★No.284 アメモース

70-60-62-100-82-80

・C80→100

・S60→80

 

★No.301 エネコロロ

70-65-65-55-55-90

・S70→90

 

★No.313 バルビート

65-73-75-47-85-85

・B55→75

・D75→85

 

★No.314 イルミーゼ

65-73-75-47-85-85

・B55→75

・D75→85

 

★No.337 ルナトーン

90-55-65-95-85-70

・H70→90

 

★No.338 ソルロック

90-95-85-55-65-70

・H70→90

 

★No.358 チリーン

75-50-80-95-90-65

・H65→75

・B70→80

D80→90

 

★No.527 コロモリ

65-45-43-55-43-72

・H55→65

 

★No.558 イワパレス

70-105-125-65-75-45

・A95→105

 

★No.614 ツンベアー

95-130-80-70-80-50

・A110→130

 

★No.615 フリージオ

80-50-50-95-135-105

・H70→80

・B30→50

 

 

【特性変更・追加】

★No.94 ゲンガー

ふゆう → のろわれボディ

 

★No.243 ライコウ

夢特性:ちくでん(未解禁) → せいしんりょく

 

★No.244 エンテイ

夢特性:もらいび(未解禁) → せいしんりょく

 

★No.245 スイクン

夢特性:ちょすい(未解禁) → せいしんりょく 

 

★No.279 キャモメ

特性2:するどいめ → うるおいボディ

★No.280 ペリッパー

特性2:するどいめ → あめふらし 

 

★No.324 コータス

特性2:しろいけむり → ひでり

 

★No.524 ダンゴロ

特性2:がんじょう → くだけるよろい

★No.525 ガントル

特性2:がんじょう → くだけるよろい

★No.526 ギガイアス

特性2:がんじょう → すなおこし

 

★No.582 バニプッチ

特性2:アイスボディ → ゆきがくれ

★No.583 バニリッチ

特性2:アイスボディ → ゆきがくれ

★No.584 バイバニラ

特性2:アイスボディ → ゆきふらし

 

★No.613 クマシュン

特性2:ゆきがくれ → ゆきかき

★No.614 ツンベアー

特性2:ゆきがくれ → ゆきかき

 

以上です。

 

天候要因が増えたり、新特性:ゆきかき?による素早さ2倍?等は楽しみですね!

 

また、6世代のライチュウのように、種族値が上昇したポケモンで活躍できるポケモンが増えると嬉しいです。

【初代VC/ニンテンドウカップ97】第1回ヒストリアカップ使用パーティ

2016年7月31日に古石場文化センターにて第1回ヒストリアカップが行われました。小学生の当時はこのルールでの対戦がポケモンスタジアムのみだったので、対人戦をとても楽しみにして参加しました('ω')!

当時は中部2代表(きたがわやすのりさん)の「ギガ〇〇〇」というニックネームをとてもカッコいい!って思っていたので、今回もニックネームを 真似してみました(笑)

 

戦績は2勝5敗と散々でしたが、吹雪で凍ったり凍らせたりで一喜一憂できて、とても白熱しました('ω')ノ

第2回を実施する際には是非とも参加したいです。

 

【使用パーティ】

ポケモンレベル技1技2技3技4ニックネーム
ケンタロス 52 吹雪 地震 のしかかり 破壊光線 ぎゅうた
フリーザ 52 吹雪 我慢 影分身 眠る ギガフレド
ダグトリオ 52 地割れ 地震 岩雪崩 どくどく ギガグラビ
サンダース 52 10万ボルト ミサイル針 影分身 眠る ギガンタス
ラプラス 51 吹雪 10万ボルト 影分身 眠る ギガアクア
ラッキー 51 吹雪 10万ボルト 小さくなる タマゴ産み ギガピンク

 

【個別解説】

 

1.f:id:poke_macchi:20160801200540j:plainケンタロス(NN:ぎゅうた) LV52

実数値:188-157-139-167-122

個体値15-15-3-15-11

選出回数(全7試合):先発1回、後発0回(合計:1回)

 

どのパーティでも戦える物理アタッカーとして採用。ケンタロスを選出回数が少なかったので、ルージュラに崩された試合が多かったのが反省点です。

このポケモンにも「ギガ〇〇〇」とつけてあげたかったけど、厳選が間に合わなかったので断念しました。

 

2.f:id:poke_macchi:20160801200535j:plainフリーザー(NN:ギガフレド) LV52

実数値:203-141-157-141-179

個体値15-15-15-15-11

選出回数:先発1回、後発3回(合計:4回)

 

厳選した中で1,2を争うほどの高個体ポケモンです。スターミー、ラプラスフリーザーなどとの泥仕合で勝てるように我慢や眠るを採用。影分身あるのに我慢があるという、使いにくい構成だったので我慢→どくどくor空を飛ぶor破壊光線の方が無難だったと思いました。凍らないので安心して選出できました。

 

3.f:id:poke_macchi:20160801200532j:plainダグトリオ(NN:ギガグラビ) LV52

実数値:142-136-104-178-113

個体値11-15-14-15-3

選出回数:先発3回、後発3回(合計:6回)

 

電気タイプ対策の地面タイプとして採用。使ってみた感想としては、ただただ火力がなさすぎる・・・。(地震でレベル50サンダース、ゲンガーが耐える。フリーザーを岩雪崩で倒せない等)

そういった意味ではサイドンゴローニャの方が強いと感じました。ただ、レベル52ダグトリオの場合はレベル55ケンタロスに先制できるので、3割で勝てるの地割れを打てるのが差別点かなとは思います。電気タイプはどのパーティにも入っているので選出回数が一番すごく多かったです。

 

4.f:id:poke_macchi:20160801200538j:plainサンダース(NN:ギガンタス) LV52

実数値:172-120-110-188-166

個体値10-15-10-15-14

選出回数:先発1回、後発2回(合計:3回)

 

レベル50サンダースに有利なれる+レベル55スターミーに先制できるようにレベル52で採用しましたが、レベル51がラッキー、ラプラスと鈍足2匹だったので、レベル51での採用でも良かったかもしれません。攻撃個体値がMAXなのもあり、ナッシー、ルージュラ対策にミサイル針を採用しましたが、レベル50ルージュラですら4発でやっと半分削れるという低火力だったので採用は間違いでした。素直にどくどくor電磁波の採用が良かったですね。それでもサンダースはやっぱり強かったです。

 

5.f:id:poke_macchi:20160801200529j:plainラプラス(NN:ギガアクア) LV51

実数値:240-133-127-113-148

個体値14-9-9-15-14

選出回数:先発0回、後発3回(合計:3回)

 

凍らない枠として採用。サンダースと同様安定した活躍を見せてくれました。ただルージュラの起点にされることが多かったので、ルージュラに圧力のあるポケモンをパーティに組み込めればと感じました。

 

6.f:id:poke_macchi:20160801200525j:plainラッキー(NN:ギガピンク) LV51

実数値:363-47-57-101-159

個体値15-15-15-13-15

選出回数:先発0回、後発4回(合計:4回)

 

フリーザーと同様に1、2を争う高個体ポケモンです。第6世代では特殊受けとして活躍しているピンクの悪魔ですが、選出の4回中2~3回で氷漬けになるという残念なポケモンでした。使い手がヘタクソだったのですが、本来は先発に電気タイプを出して、どくどくや電磁波を受けつつ、氷を予防するといった使い方が良いと会場で初めて知りました(笑)

 

 

厳選や育成はとてもしんどいものはありましたが、参加者の色々な考察が聞けたり、野良試合で交流できたりととても楽しい時間を過ごせました。また、二次会で偶然にもスタッフや参加者たちと遭遇して楽しかったです(笑)

次回の開催も前向きに検討しているとのことでしたので、少しづつでもVCは続けて行きたいと思います。

 

最後に、主催のゴールドさん、スタッフのみなさん、そして試合を放映して頂いたタッツーさん本当にありがとうございました!

【初代VC】すばやさ一覧表

初代VCが配信されて1ヶ月が経過しました。

初代VCで対戦をやりたいが、LV50フラットに慣れてしまい、LV51以上の素早さがパッと浮かばない・・・という方に向けて素早さ一覧表を作成しました。

(表が面倒だったのでエクセルの画像で載せてます)

 

一応、見直しましたがミス等あれば指摘してください。

※今回は素早さ種族値が85以上(ラッタ除く)の最終進化+カイリューLV55のみ載せています。 

 

【素早さ一覧表】

f:id:poke_macchi:20160328115522p:plain

LV55ケンタロスを抜けるライン

f:id:poke_macchi:20160328115750p:plain

f:id:poke_macchi:20160328115831p:plain

f:id:poke_macchi:20160328115847p:plain

 

これを機に少しでもVCコンソールの対戦環境を整える方が増えて頂ければ幸いです。

【ポケモン/ORAS】第2回大正義オフレポ

3/12(土)に実施された、第2回大正義オフに参加してきました!

 

前回チームベスト8だったので、それ以上を目指しましたが結果はチーム5-2(個人3-4)で予選3位となり予選落ちでした。

 

今回はパーティ紹介よりも感想メインで書きたいと思います。

第1回の感想も交えつつ書きます。

(あくまで感想で個人的な思いなのでそこを踏まえた上で閲覧ください><)

 

 

◆良かった点

・数少ないチーム戦のため独自の盛り上がりがある

・チーム戦なので対戦後の交流(パーティや調整について)ができる

・有名強者が遠方からも多く参加しているのでハイレベルな戦いを経験できる

(強者からしたら無名との勝負はつまらないでしょうが(笑))

 

◆悪かった点

・ところどころの身内ネタ?(海軍なんとか)は不要な気がします

・KP集計表に真面目に記載しても全体KP等の情報は参加者に知らされなかった

(第1回は全体KPが発表されなかった)

・上記含めて、最終結果をサイトに纏めて欲しい

イースポーツにはまとめあり)

 ※下2点は第2回に関しては改善されていたので良かったです!

 

と簡潔にこんな感じでした!

いろいろ書いてますが、楽しいオフなので第3回以降もあれば参加したいです!

 

 

以下、パーティと結果を簡単にご紹介します。

 

 

【使用パーティ】

  

ポケモン特性技1技2技3技4持ち物
カイオーガ はじまりのうみ こんげんのはどう かみなり れいとうビーム まもる あいいろのたま
レックウザ エアロック ガリョウテンセイ しんそく オーバーヒート まもる きあいのタスキ
レパルダス いたずらごころ イカサマ ねこだまし でんじは ちょうはつ だっしゅつボタン
ゲンガー 浮遊 ヘドロばくだん めざめるパワー(氷) みがわり まもる ゲンガナイト
ボルトロス(化身) いたずらごころ ワイルドボルト ばかぢから めざめるパワー(水) まもる いのちのたま
ナットレイ てつのトゲ ジャイロボール パワーウィップ  だいばくはつ ねごと こだわりハチマキ

 

今回は個別紹介は省きます。

パーティとしてBIG6を強く意識してパーティを組みました(実際にはグラゼルネは全て負けましたが)。

まず、レックウザを入れて見せることでゲンガーを持ち物がメガに見えにくくするようにしています。ボーマンダ入りのグラゼルネにはゲンガーを積極的に選出し、メガ進化からのロックで確実にボーマンダを処理します。

ロックからの有利対面で相手の数を減らしつつ、最後に出てくるグラードンに対して、ボルトロスのめざ水やカイオーガで倒すのが理想です。

また、ナットレイを入れることで相手に少しでもトリルかな?と思わせることで有利に進めることができます。

 

チームメイトにも言われましたが、ゼルネアスで積まれたあとのケアが足りない部分とオーガレックミラーの鋼がとても辛くレックウザの炎技でしか突破口がありませんでした。ディアルガも激重なので、そこが改善点かと思います。

 

 

【結果】

Summit、コウ、まっち(チーム)の並びで勝敗を書きます

狂気の多田裕也軍団

×、×、× → ×(0-3)

チーム格安航空

〇、〇、× → 〇(2-1)

佐倉綾音

×、〇、〇 → 〇(2-1)

仮面浪人戦士ぅゅと囲い

〇、〇、× → 〇(2-1)

琴吹館の集い

〇、〇、〇 → 〇(3-0)

福山雅治ファンクラブBROS

×、〇、〇 → 〇(2-1)

しらぬいチョンニダ

×、〇、× → ×(1-2)

 

Summit(3-4)

コウ(6-1)

まっち(3-4)

チーム(5-2)

 

 

※最後に(今回の教訓)

①オフ会では全勝を目指し対戦して、後半に捨て試合を作れるようにし、身内の予選抜けを手助けできるようにしましょう

②身内と同じリーグの場合、①を満たすために身内との試合は最後までやらず、場合によっては不戦勝や不戦敗として身内同士で予選抜けの手助けをしましょう

③上記をされても広い心を忘れずに持ちましょう

【初代VC】セレクトバグ(個体値MAX & 努力値MAX)

ついに初代VCが配信されて賑わっていますが、セレクトバグも健在ということで一番需要がありそうなものを今回は簡単に説明しようと思います。

※バグは推奨されるものではありませんので、自己責任で実施してください

 

【事前準備】

①持ち物を20個

②パソコンの道具を21個以上

個体値努力値をMAXにしたいポケモン

(いらない技を一番下にしておく)

※道具は10番目にわざマシン10など工夫すると見やすいです

 

【手順(HABの個体値をF(現在でいうV)にする場合)】

①対象のポケモンの経験値(累計の方です)を確認して「256」で割る

②割った数字の商を求める

(例:累計が28220であれば「28220÷256=110.234375…」となるため、商は「110」となる。余りは無視してください)

③商に256をかける

(上記の場合「110×256=28160」)

④上(③)で求めた値に255を足す

(上記の場合「28160+255=28415」)

⑤上(④)が目標の経験値となるため、育て屋さんに預けるなどして調整します

⑥目標経験値とピッタリになったら、バグを開始できます

⑦草むらの前でレポートを書いて「道具の9番目でセレクトを1回押す」

⑧その後、戦闘に入ったら技の一番下でセレクトを押して「逃げる」

(技が変わりますが気にしないでください)

⑨戦闘終了後、「道具の20番目でセレクトを1回押す」

⑩再び戦闘に入り、技の一番下でセレクトを押して「逃げる」

ポケモンセンターに向かって、該当のポケモンを預けてすぐに引き取る

⑫受け取ると個体値(HABがF(現在のV))のポケモンが誕生しています

 

※一度、実施すると経験値が余り255ではなくなっているので再度経験値を調整してください

下記条件によって2回目以降のセレクトの箇所(⑨)を変更してください

・H Pの努力値をMAXにする場合「道具の10番目」

・攻 撃の努力値をMAXにする場合「道具の12番目」

・防 御の努力値をMAXにする場合「道具の14番目」

・素早さの努力値をMAXにする場合「道具の16番目」

・特 殊努力値をMAXにする場合「道具の18番目」

・HP、攻 撃、防御個体値をMAXにする場合「道具の20番目」

・HP、素早さ、特殊個体値をMAXにする場合「道具の21番目」

※この場合、道具の21個目は存在しないため、自分のパソコン→引き取るの21個目でセレクトを押してください

 

上記7つを全て実施すると完全理想個体が誕生します。

 

基本的にはこの手順で出来ますが、場合によってはフリーズすることもあるので、その場合はいらない他のポケモンにレベル100バグを使用するなど、いったん無駄な情報?をリセットしてみたり色々と試して見てください。

※2度目になりますが、バグ技なのであくまで自己責任で実施してください