読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっちのランクマッチ

ポケモンオフ会の使用パーティなど

【初代VC/ニンテンドウカップ97】第1回ヒストリアカップ使用パーティ

2016年7月31日に古石場文化センターにて第1回ヒストリアカップが行われました。小学生の当時はこのルールでの対戦がポケモンスタジアムのみだったので、対人戦をとても楽しみにして参加しました('ω')!

当時は中部2代表(きたがわやすのりさん)の「ギガ〇〇〇」というニックネームをとてもカッコいい!って思っていたので、今回もニックネームを 真似してみました(笑)

 

戦績は2勝5敗と散々でしたが、吹雪で凍ったり凍らせたりで一喜一憂できて、とても白熱しました('ω')ノ

第2回を実施する際には是非とも参加したいです。

 

【使用パーティ】

ポケモンレベル技1技2技3技4ニックネーム
ケンタロス 52 吹雪 地震 のしかかり 破壊光線 ぎゅうた
フリーザ 52 吹雪 我慢 影分身 眠る ギガフレド
ダグトリオ 52 地割れ 地震 岩雪崩 どくどく ギガグラビ
サンダース 52 10万ボルト ミサイル針 影分身 眠る ギガンタス
ラプラス 51 吹雪 10万ボルト 影分身 眠る ギガアクア
ラッキー 51 吹雪 10万ボルト 小さくなる タマゴ産み ギガピンク

 

【個別解説】

 

1.f:id:poke_macchi:20160801200540j:plainケンタロス(NN:ぎゅうた) LV52

実数値:188-157-139-167-122

個体値15-15-3-15-11

選出回数(全7試合):先発1回、後発0回(合計:1回)

 

どのパーティでも戦える物理アタッカーとして採用。ケンタロスを選出回数が少なかったので、ルージュラに崩された試合が多かったのが反省点です。

このポケモンにも「ギガ〇〇〇」とつけてあげたかったけど、厳選が間に合わなかったので断念しました。

 

2.f:id:poke_macchi:20160801200535j:plainフリーザー(NN:ギガフレド) LV52

実数値:203-141-157-141-179

個体値15-15-15-15-11

選出回数:先発1回、後発3回(合計:4回)

 

厳選した中で1,2を争うほどの高個体ポケモンです。スターミー、ラプラスフリーザーなどとの泥仕合で勝てるように我慢や眠るを採用。影分身あるのに我慢があるという、使いにくい構成だったので我慢→どくどくor空を飛ぶor破壊光線の方が無難だったと思いました。凍らないので安心して選出できました。

 

3.f:id:poke_macchi:20160801200532j:plainダグトリオ(NN:ギガグラビ) LV52

実数値:142-136-104-178-113

個体値11-15-14-15-3

選出回数:先発3回、後発3回(合計:6回)

 

電気タイプ対策の地面タイプとして採用。使ってみた感想としては、ただただ火力がなさすぎる・・・。(地震でレベル50サンダース、ゲンガーが耐える。フリーザーを岩雪崩で倒せない等)

そういった意味ではサイドンゴローニャの方が強いと感じました。ただ、レベル52ダグトリオの場合はレベル55ケンタロスに先制できるので、3割で勝てるの地割れを打てるのが差別点かなとは思います。電気タイプはどのパーティにも入っているので選出回数が一番すごく多かったです。

 

4.f:id:poke_macchi:20160801200538j:plainサンダース(NN:ギガンタス) LV52

実数値:172-120-110-188-166

個体値10-15-10-15-14

選出回数:先発1回、後発2回(合計:3回)

 

レベル50サンダースに有利なれる+レベル55スターミーに先制できるようにレベル52で採用しましたが、レベル51がラッキー、ラプラスと鈍足2匹だったので、レベル51での採用でも良かったかもしれません。攻撃個体値がMAXなのもあり、ナッシー、ルージュラ対策にミサイル針を採用しましたが、レベル50ルージュラですら4発でやっと半分削れるという低火力だったので採用は間違いでした。素直にどくどくor電磁波の採用が良かったですね。それでもサンダースはやっぱり強かったです。

 

5.f:id:poke_macchi:20160801200529j:plainラプラス(NN:ギガアクア) LV51

実数値:240-133-127-113-148

個体値14-9-9-15-14

選出回数:先発0回、後発3回(合計:3回)

 

凍らない枠として採用。サンダースと同様安定した活躍を見せてくれました。ただルージュラの起点にされることが多かったので、ルージュラに圧力のあるポケモンをパーティに組み込めればと感じました。

 

6.f:id:poke_macchi:20160801200525j:plainラッキー(NN:ギガピンク) LV51

実数値:363-47-57-101-159

個体値15-15-15-13-15

選出回数:先発0回、後発4回(合計:4回)

 

フリーザーと同様に1、2を争う高個体ポケモンです。第6世代では特殊受けとして活躍しているピンクの悪魔ですが、選出の4回中2~3回で氷漬けになるという残念なポケモンでした。使い手がヘタクソだったのですが、本来は先発に電気タイプを出して、どくどくや電磁波を受けつつ、氷を予防するといった使い方が良いと会場で初めて知りました(笑)

 

 

厳選や育成はとてもしんどいものはありましたが、参加者の色々な考察が聞けたり、野良試合で交流できたりととても楽しい時間を過ごせました。また、二次会で偶然にもスタッフや参加者たちと遭遇して楽しかったです(笑)

次回の開催も前向きに検討しているとのことでしたので、少しづつでもVCは続けて行きたいと思います。

 

最後に、主催のゴールドさん、スタッフのみなさん、そして試合を放映して頂いたタッツーさん本当にありがとうございました!