読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっちのランクマッチ

ポケモンオフ会の使用パーティなど

【初代VC/ニンテンドウカップ97】第2回ヒストリアカップ使用パーティ

2016年12月4日に第2回ヒストリアカップが行われました。

今回も中部2代表(きたがわやすのりさん)の「ギガ〇〇〇」というニックネームを 真似しています(笑)

 

戦績は4勝2敗と検討しましたが、オポネントで3位となり予選敗退でした。前回と違い、吹雪で凍ることがなかったので、パーティの構築面も含めて少しは進歩があったと思います('ω')ノ

第3回を実施する際にも是非とも参加したいです!

 

【使用パーティ】サンダー軸(?)特殊トリプルエース構築

ポケモンレベル技1技2技3技4ニックネーム
サンダー 55 10万ボルト どくどく 眠る 影分身 ギガサンダ
フーディン 55 サイコキネシス どくどく 自己再生 影分身 ギガホープ
ラプラス 55 吹雪 10万ボルト 眠る 影分身 ギガアクア
ケンタロス 50 吹雪 のしかかり 破壊光線 影分身 ギガビート
ルージュラ 50 吹雪 サイコキネシス 悪魔のキッス 影分身 ギガマサコ
マルマイン 50 10万ボルト 大爆発 電磁波 影分身 ガボン

 初代と言えば、影分身はとにかく強い(追い詰められても逆転の可能性がある)ので、全ポケモンに採用しています。あと、吹雪に関してもとても強力なので覚えることができるポケモンには全て搭載しました。

 

【個別解説】

1.f:id:poke_macchi:20161205213934j:plainサンダー(NN:ギガサンダ) LV55

実数値:215-139-143-166-191

個体値15-1-9-15-13

選出回数(全6試合):先発0回、後発1回(合計:1回)

 

初代でどうしても使いたかったポケモン。サンダーを入れずにLV50サイドンを入れた方がパーティが安定したと思いますが、どうしても使いたかったのでパーティに入れました(大事なことなので2度言いました)。

サンダーをパーティに入れることで、相手のLV55ラプラスの選出を抑えて、かつ電気タイプ(マルマイン、サンダース)の選出をとても誘いやすくなるので、選出誘導にも使えたと思います。

「どくどく」か「ものまね」を採用するかで最後まで悩みましたが、サンダーで地面であるサイドンを見るよりも電気タイプ同士の泥仕合の方が多いと思い、どくどくを採用しました。

(ちなみにどくどく(自分)→ねむる(相手)でどくどくのカウントがリセットされるのを知らず、帰るときくらいに鷹さんから聞いて初めて知りました・・・)

唯一選出できた試合では大活躍でしたので、個人的にはとても満足でした。

※後日、動画化します。

 

2.f:id:poke_macchi:20161205213916j:plainフーディン(NN:ギガホープ) LV55

実数値:176-95-101-188-204

個体値15-1-11-15-15

選出回数(全6試合):先発1回、後発1回(合計:2回)

 

レベル54~55フーディンがキツかったので、フーディンフーディンで見ようと思いパーティに組み込みました。

フーディンにどくどくを入れることさえできればミラーでかなり有利になれますし、ルージュラやスターミーなどのエスパーにも有効と思い採用しました。

実際は選出した2試合とも破壊光線でやられてしまったので、サイコキネシスしか使わなかった気がします(笑)

 

3.f:id:poke_macchi:20160801200529j:plainラプラス(NN:ギガアクア) LV55

実数値:259-138-144-122-158

個体値15-3-15-15-13

選出回数(全6試合):先発0回、後発3回(合計:3回)

 

氷枠として採用。レベル55にすることで耐久面が上昇するため、レベル50ケンタロスへの受け出しが容易になります。選出した試合は活躍することはできませんでしたが、凍らないという安心感はとても素晴らしかったです。

個人的にはどのパーティにも必須なポケモンだと思ってます。

 

4.f:id:poke_macchi:20160801200540j:plainケンタロス(NN:ギガビート) LV50

実数値:175-151-145-160-119

個体値9-15-14-14-13

選出回数(全6試合):先発0回、後発5回(合計:5回)

 

このパーティで唯一の物理アタッカー枠です。ルージュラ入りのパーティには選出することが多めです。低レベルでも扱いやすさは健在で、低レベルゆえに雑に扱って、レベル55エースの高火力エースを暴れさせることができます。

前回はケンタロスを選出回数が少なめで、ルージュラに崩された試合が多かったのですが、今回はしっかりとケンタロスを使用することでルージュラに翻弄される試合はなかったと思います。

・・・実は素早さの個体値が15じゃないですが、同速対決は一度もなかったので良かったです(笑)

 

5.f:id:poke_macchi:20161205213751j:plainルージュラ(NN:ギガマサコ) LV50

実数値:167-87-81-146-146

個体値11-1-10-15-15

選出回数(全6試合):先発0回、後発1回(合計:1回)

 

鈍足ポケモンに眠りを入れられる+相手のラプラスへの切り返しができるため採用。メジャーな組み合わせですが、マルマインルージュラケンタロスの組み合わせは強いと思いました。

選出した試合は破壊光線1撃で倒されてしまったため、何もしなかったポケモンです(笑)

 

6.f:id:poke_macchi:20161205213851j:plainマルマイン(NN:ギガボンバ) LV50

実数値:166-99-115-191-129

個体値15-13-9-15-13

選出回数(全6試合):先発5回、後発1回(合計:6回)

 

選出回数からわかるように個人的に一番信頼している電気タイプのポケモンです。先発で場作りがもちろんのこと、苦手な地面タイプにも先行の大爆発で起点にされないことがとても強いと思います。

また、えりきゃんオフの野良試合でもそうでしたが、影分身を積まれた相手に大爆発を1度も外さなかったのは、とても偉いと思いました。

 

 

【最後に】

今回はPCを持ち込み、対戦を録画することができましたので、近日中に動画をアップロード(週1のペースくらいで) していこうと思いますので是非ご覧ください!

 

主催のゴールドさん、スタッフの烏賊さん、そらさん、本当にありがとうございました!

そして対戦に参加された皆さんお疲れ様でした!!