読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっちのランクマッチ

ポケモンオフ会の使用パーティなど

【64ダブル(XY)】第37回えりきゃんオフ使用パーティ

ダブル

10/27(日)に第37回えりきゃんオフに参加してきました!

 

今回のルールがカロスポケモンのみのダブルバトル(メガ進化できるポケモンはパーティに一体入れることが可能(メガストーン持たせる)というルールでした。

 

カロスポケモン一覧を見たときにファイアロー(疾風の翼)、ギルガルド、クレッフィ・ニャオニクス(悪戯心)あたりはトップメタになるだろうなーと思いました。

 

なので、そいつらを対策しつつ自分の使いたいポケモンを詰め込んだパーティを

作ろうと思い日々育成に励んでましたw

 

使いたかったポケモンはなんと言っても「ブロスター」ですね!

ストーリー後半でとあるトレーナーが使ってくるのですが、

波動弾を含めかっこよさに度肝を抜かれましたw

そして、名前が中二臭くて好きです。

 

ということで環境もほとんど分かっていないため

ぶっぱがほとんでですが、パーティを紹介します!

 

 

ポケモン特性技1技2技3技4持ち物
ブロスター メガランチャー 濁流 悪の波動 波動弾 守る 先制の爪
クレッフィ 悪戯 ドレインキッス 電磁波 威張る 金属音 たべのこし
アマルルガ フリーズスキン フリーズドライ 破壊光線 自然の力 原始の力 拘りスカーフ
オンバーン お見通し 竜の波動 火炎放射 エアスラッシュ すり替え 拘り眼鏡
ファイアロー 疾風の翼 ブレイブバード フレアドライブ 鬼火 守る 命の珠
ライボルト(メガライボルト) 避雷針(威嚇) 10万ボルト オーバーヒート 毒々 守る ライボルトナイト

 

 

 

【ブロスター(控えめ)】

H175(228)-x-B112(28)-C189(252)-D109-S79

・H16n-1
・167(252)-170ギルガルドを悪の波動で確2(金属音込みで確1)

 

今回すごく使いたかったポケモンなので、こいつを中心にパーティを考えました。

Sがどうしても低いので、考えた結果「電磁波撒けばSサポートできるじゃん!」

ってことで、クレッフィで電磁波撒き(ついでに威張るも)のパーティにしました。

特性メガランチャーのおかげで全ての技が1.5倍で打てて、中々の火力なので、弱点つければ1発で落としてくれることも多かったです。

同じ特性の某カメさんと比べて、アイテムを持たせられますしメガ進化枠を使わずに済むってのも採用理由です。

持ち物はワンチャン残せる爪にしました。そこそこの耐久もあっていい活躍をしてくれました。

 

 

 

【クレッフィ(穏やか)】

H164(252)-x-B111-C100-D152(252)-S96(4)

・HDぶっぱ

5世代でおなじみの電磁波+威張るを搭載したポケモン

麻痺を撒くことで、ブロスターのSをサポートし、その後は金属音で相手の確定数をずらしつつサポートに回ります。

威張る&電磁波で持っていけた試合もありましたw

5世代までのメタグロスと同じ弱点(地面、炎)の上、このルールだとタイプ一致地震がホルードとガブのみということもあり場持ちがいいため、たくさん麻痺や混乱を撒けました。

 

 

アマルルガ(臆病)】

H198-x-B93(4)-C151(252)-D112-S121(252)

・スカーフ込みで実数値181(最速111族程度まで抜ける)
・あとはぶっぱ
 

このパーティは地面弱点が多いので、数少ないタイプ一致地震を打てるガブ、ホルード対策に育成しました。(1回も選出しなかったなんて言えない)

ギルガルド多くて出番はなかったので、夢特性に期待ですw

特性フリーズスキンによって、自然の力が「トライアタック(威力80)×1.3(フリーズスキン)×1.5(タイプ一致)=156となるので、冷凍ビームより火力が出ます。

あとは子供の頃からのロマン技の破壊光線を搭載しました。

しかし、何度も言いますが出番がなかったので惜しい存在ですw

 


 

【オンバーン(臆病)】

H161(4)-x-B100-C149(252)-D100-S192(252)

カロス地方2位の素早さ(1位はファイアローの195)
・あとはCSぶっぱ

 

今回から「おみとおし」が強化され、ダブルだと相手の2体分見れるようになりました。アイテム見れることはアドバンテージとなるので、有利に立ち回れるようになります。

また、すり替えの搭載によって相手のクレッフィなど厄介なサポートポケモンを置物に出来ます。遺伝はすごく面倒で、マーイーカヘイガニアーケン→オンバットでしたw

特にアーケンの化石発掘がめんどくさかったですw

苦労に見合う活躍をしてくれましたが、火力のなさに泣く場面も多々ありました。(金属音+眼鏡竜の波動でメガガルーラ落とせなかったw)

 

 

ファイアロー(陽気)】

H175(172)-A133(252)-B91-x-D89-S172(84)

・H16n-1&奇数調整
・Aぶっぱ残りS(最速マフォクシー抜き)

 

基本的には後発で選出し、倒しきれなかった相手を先制ブレバで倒す要員です。

なおかつ、数少ない対ギルガルド要員のためギルガルド入りパーティには絶対選出します。

安定した活躍を見せてくれたポケモンだともいます。

また、HAファイアローが比較的多かったので先制でブレバ打ったりもできました。

(ホントはカロスダブル終了後も使えるように105族抜き調整にしたはずが、振り間違えましたw)

 

 

【(メガ)ライボルト(臆病)】

H146(4)-x-B79-C157(252)-D80-S172(252)

 ↓(メガ進化後)

H146-x-B99-C187-D100-S205

・CSぶっぱ

 

前日までメガ進化枠が決まらず、考えた結果

「クレッフィの電磁波うざいからライボルトにしよう!」と思って育成しました。

しかし厳選が間に合わず、めざ氷を粘れなかった上にB固体は29です。そしてBPも間に合わずボルチェンを採用できませんでしたw

 そんなかんじの適当な理由でパーティに入れたのですが、使ってみると意外に強かったです。ダブルでの良特性の「避雷針」&「威嚇」が使えますし、メガ進化することで106族~134族をごっそり抜くことができます。(ファイアロー、オンバーン、ゲッコウガ等)

なのでメガ進化したターンは既存の素早さ判定となりますので、素早さを逆転するために「守る」必須のポケモンです。

メガ進化をまだ育成していない方にオススメできるポケモンだと感じました。

 

 

 

以上のパーティとなります。

 

予選では5勝0敗で1位突破しましたが、決勝トーナメントで負けました\(^o^)/

 

優勝のすろうぷさん

準優勝のうたさん

おめでとうございます(*`ω´)!!

 

 

P.S

定期的にマルチバトル(今のところ1週間に一度w)を呼びかけて、

オンラインでやっていますので、気になる方はフォローしてください(*`ω´)